30代のための化粧品の人気ランキング顔画像

30代のための化粧水をお探しの方へ…
人気のある化粧水ランキングをご紹介します。



使用者のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などから、いろいろ調べた結果をランキングしています。

ランキング


30代は、お肌の曲がり角!大事な時期ですよね。しのびよる年齢肌に備え、どんな化粧水を使えばいいですか?

30代女性のこんなご相談にお答えするために…安心して使用でき、効果が実感できる人気の化粧水を調べてみました!

30代は、いわゆる元気な「女盛」の時期ですが、お肌の方は着実に年齢肌に向かって進行しています。

今まで、スキンケアを取り立ててしなくても、みずみずしいしっとりお肌で過ごせた日々が、「あれ!どうして…?!」と思う時が訪れ、小じわやシミなどがチラチラ見え隠れしてきます。

つまり、20代のころとは肌の質もトラブルの内容も変わってくる、いわゆる「30代」お肌の曲がり角にさしかかったというわけです。

ある女性雑誌に、「30代の読者150人にアンケートをとり、今の肌悩みについて、リアルな声を集めました。」ということで「Over30の肌悩みランク上位」という掲載がありました。

それによると…

30歳を越してから気になりだした肌悩みは?

1位…頬の毛穴が縦に開いている      2位…メークのノリが悪くムラづきする      3位…ニキビ跡が消えず、そのままシミになる      4位…目の下のくまがいつも居座っている      5位…保湿しても肌が乾いてしょうがない      6位…目元の小じわがくっきり目立つ

そして、「あらゆる肌トラブルに対して回復力が弱くなった」「何を使っても効果を感じられない」といったため息が聞こえてきます。

20代の頃にはちょっとしたお手入れで解決していた肌の悩みも、30代になるとなかなか改善しなくなってきます。

30代では目元や口まわりの小じわが目立ち始め、それが徐々に定着してきます。

肌の老化も着々と訪れているため、キメが粗くなってきて頬のあたりの毛穴が大きくなってくることもあります。

20代のうちに適切な紫外線対策をしていなかった場合には、メラニン色素の沈着でシミができたり肌がくすんできたりします。

まとめてみると、30才代ともなれば、次にあげるような肌トラブルに見舞われる方が多くなります。

くすみ

肌の血流不良や新陳代謝(肌のターンオーバー)の狂い、乾きといったものが要因となって、どんよりとくたびれて見えるようになってきます。

シミ

長年にわたり浴び続けてきた太陽光に含まれる紫外線やホルモンバランスが影響を及ぼして、メラニン色素が固着してシミが目立つようになってきます。

シワ、たるみ・毛穴たるみ

加齢に起因する皮膚内部(真皮)のコラーゲンの減少や太陽光に含まれる紫外線に影響される変性などが、シワやたるみの要因となります。また、毛穴たるみで涙型みたいに開いてしまいがちです。

肌のハリの低下

ハリが衰える事は加齢現象が要因だけに限らず太陽光に含まれる紫外線のダメージや乾燥、活性酸素が元となる酸化、女性ホルモンの低下、ライフスタイルの狂い、喫煙の習慣など、幾つもの要因があります。30才代以降は、こういった肌トラブルひとつひとつの要因に対しての手入れを、日頃のケアに組み入れることが大切になります。


では、なぜ30歳を境に肌が変わってくるのでしょうか?!

それは、第1に、表皮細胞のエネルギーが不足し始め、そのためターンオーバーが滞り、肌の状態が全体で悪くなってくるからです。

30代の女性の顔

表皮の細胞内にはATPというエネルギー物質がありますが、それは加齢とともに減少し、細胞の活性力が低下してきます。

すると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れてきて、肌の表面がゴワゴワしてきて、メークのノリが悪くなったり、うるおいがなくなったり、ニキビ跡が残ってしまったり…というような肌トラブルになるのです。

30代の肌のトラブルの原因で、次にあげられるのが、肌の乾燥です。

では、どうして、加齢にしたがって肌は潤いがなくなっていくのでしょうか?

肌がカサカサになると敏感肌に陥ってしまうことを知っていますか?

わずかな刺激であっても肌が赤く変わったり、かゆみを感じたりしてしまうということは、肌の潤いが不足していることが原因です。

肌の表層にある角質層にはバリア機能といった役割があります。

このバリア機能は外の方からのストレスを肌内の方に侵入させないために防護し、皮膚の潤いを外の方へ漏洩しないために水気を保持する役割を果たします。その名が示す通り、皮膚をバリアしているのです。

角質のバリア機能は、皮膚の内側にある「セラミド」という成分の分量ととても関連していて、セラミドが減るとバリア機能も薄れていってしまいます。

角質層は、レンガとセメントといった様な仕組みをしていまして、角質細胞がレンガで、それをつなぎとめていると考えられる角質細胞間脂質(セラミドなど)がセメントと考えられています。

セラミドは、レンガ(角質細胞)を後押し、細胞それぞれを緊密に接着させて、外部よりのストレスが入ってこないよう防いだり、潤いでいっぱいになるよう水分を保持している、皮膚からすれば大切な効用を持つ成分です。

にも関わらず、加齢と共にこのセラミドは減少してしまう…。ですから、前と同じやり方の肌のお手入れをやっていると、皮膚の乾きは進行して、皮膚も鋭敏となってしまうのです。

第3に、紫外線により、表皮の下層にある基底膜が壊れ、真皮のコラーゲンの損傷によるダメージがあげられます。

つまり、紫外線の影響が真皮に及び、コラーゲンを攻撃して、そのダメージが、シワやたるみなどの形で現れ始めるのが30代…というわけです。

では、どうすればいいのでしょうか?!…

30代の女性

30代を過ぎると次第に肌は荒れやすくなってきます。

今までは適当にやっていた肌ケアも次第に通用しなくなっていく過程は少しさびしいものもありますが、こればかりは自分でどうにかできるものではありませんよね。

ですので、30代になった時にはしっかりと、30代の肌専用の肌ケアをしていかなければいけません。


30代になった時に最初に気を付けたい事は、まずは正しい洗顔ができているかということです。

どうしても年を重ねるごとに肌が乾燥しやすくなり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってきますが、そんな肌の状態でどんなに良い化粧品を使っても意味がありません。

まずはしっかりと皮膚を清潔にしていきましょう。

自分の肌に合った洗顔で優しく洗い、そして十二分に流水で流すように心がけてください。

このようにしてからようやく肌ケアに必要な化粧水などの化粧品を付ける意味が出てきます。

30代の肌トラブルへの対処方法

10代や20代の頃は、基本的にさほど凝ったスキンケアを実施する必要もなく、何もしない状態だったとしても、適度な水分量を保っていて潤いやハリも存在しています。

しかしながら30代になると、今まで特別なケアなどしていなくても大丈夫だったのに、そのまま同じようなスキンケアを実施していたら、エイジングサインの肌トラブルが発生してしまい、困ってしまうケースもよくあります。


そんな30代に見られる肌トラブルのおもな原因としては、やはり仕事や家事などの忙しさからストレスや疲労が肌にも影響を齎してしまい、さらにはホルモンバランスが崩れてしまうこともあるので、そうなるとなおさら肌トラブルに陥りやすくなります。

それによって乾燥やくすみ、肝斑などのシミやシワなどが発生してしまい、いっきに老け顔になってしまうリスクもあります。


そこでこういった30代ならではの肌トラブルの悩みに関する正しい対処法としては、原因を取り除いて改善するとともに、やはり生活習慣や毎日のスキンケアの見直しが重要になってきます。

さらにそれぞれの悩みに対する改善方法もあるので、それらにも注目して正しいスキンケアを実施しましょう。


たとえば乾燥対策ならば、肌の水分の蒸発を防ぐためにもたっぷり化粧水を使用するようにしたり、使用する化粧水もセラミドやヒアルロン酸など、保湿に良い働きが期待できる成分を含んでいるものを選びましょう。


同じくシミ対策ならばプラセンタエキスやハイドロキンなど、美白成分を利用したスキンケアが有効ですし、くすみに対しては肌細胞を活性化させる酵母エキスや肌の新陳代謝を高めるビタミンEといった成分がお勧めで、こういった成分を含んでターンオーバーを正常化させるタイプの化粧品を使用するようにしましょう。


他にもシワやたるみなども気になり始める年齢なので、それらにはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が有効的であり、乾燥対策の時と同様に保湿も重視させましょう。


そしてこれらのそれぞれの悩みに特化したスキンケアアイテムを使用するとともに、偏った食事内容や運動不足、睡眠不足といった生活習慣の悪い部分も改善し、ストレスも上手に発散させてUVクリームや日傘、帽子やアームカバーといったアイテムを使用し、すべての肌トラブルの原因にもなる紫外線対策もしっかり行うことも大切です。


こうして30代のうちに正しいスキンケア方法を身に着けておけば、将来的にも理想的な肌の状態をキープできる可能性も高まります。

化粧水の種類と選び方
30代の女性の顔4

化粧水は目的別に様々な種類があります。

保湿意外に特に目的のない「一般肌用化粧水」、シミ・そばかす対策や美白を目的とした「美白化粧水」、ひびやあかぎれ対策には「アルカリ性化粧水」、キメを整える「収斂(しゅうれん)化粧水」、古い角質や汚れを除去する「拭き取り化粧水」、「ニキビ用化粧水」、「プレ化粧水」、などなど。

様々なものがありすぎてどれを選べばよいのか迷ってしまいますが、まずは普段用に「一般肌用化粧水」を常備した上で、目的にあったものがあれば一般肌用化粧水の補足的な位置づけで使用するとよいと思います。


化粧水は、洗顔した後の皮膚に、何よりもまず最初に付ける基礎化粧品になります。

化粧水の効用は、皮膚を保湿対策して、キメを整えること。洗顔した後の皮膚は、潤いに欠かせない成分や油分も汚れと一緒に落とされているバランスを崩した状況になっています。

この部分に、化粧水で即座に水分と保湿成分を補てんすることによって、皮膚にモイスチュア効果を加え、続いて使う美容液なども浸透しやすい状況に調整します。


潤いを補充するためだったらと、単なる水を皮膚につけたとしても、上っ面に水が付くだけにすぎませんよね。

化粧水の成分も、パーセンテージから見たら水(精製水)が7~8割を占めています。

けれど、皮膚をモイスチャー対策するのための成分として低分子で拡散力の大きいグリセリンやベタインといわれるものや、高分子で表面に残留し水分の蒸発をブロックするヒアルロン酸やコラーゲンなどを良いバランスでブレンドすることによって、皮膚に馴染みやすく浸透しやすいようにアレンジがされています。


自分に合った化粧水を選び、早めに適切なスキンケアを始めましょう!

30代の女性の顔2

お肌のお手入れをする上で、自分の肌質の状態を把握することは、とても大切な事といわれています。

すでに述べましたように、30代の女性は、お肌の状態が若いころに比べて低下しやすくなってくる年齢になります。

そこで、若いころからずっと同じようなスキンケアをしている方は、スキンケアに使用する化粧水や乳液などのアイテムを見直すことが必須になります。

30代の肌の特徴として、今まで常に肌に備わっていた潤いや美容成分が、年齢と共に失われやすくなってくるからです。

そのため、肌の失われてしまった水分や美容成分を補うためにも、化粧水や乳液に保湿効果のある製品を選んだり、化粧水と併用して美容液などを利用するなど、使用するお手入れアイテムを増やす必要があります。

また、保湿に特化したお手入れをすることにより、加齢トラブルに起こりやすい肌のしわや乾燥を防いで、透明感のある綺麗な肌を維持することが出来るようになります。

そして、潤いのある肌はメイクのりも格段に良くなりますので、メイクの仕上がりにも影響してきます。

30代での肌の改善と今後のアンチエイジング対策のためにも、早い段階でのエイジングケアがとても大切になってきます。

シワやくすみ、シミなどのトラブルを解消するための30代の美容ケアには、どのような成分が配合された化粧水を使うと良いのでしょうか。

30代のスキンケアにおすすめな化粧水

30代になると急にいろんな変化が現れます。

20代と変わらないつもりでいてもちょっとした疲れがいつまでも取れなかったり、睡眠不足が続くと無理が効かなくなったりします。

それは身体の変化ですが、お肌にも変化があります。

今まで夜遅くに家に帰って、就かれているからと化粧をしたまま寝ても平気だったはずです。

朝起きると、シーツの跡がお肌についていつまでも取れないという事もなかったはずです。

季節の変わり目に、肌の調子が悪くなることもなかったはずです。

これが、30代で急にはじまります。


20代のお肌と同じような手入れをしていたのでは、この先年齢を重ねていくと大変なことになります。


いつまでも若い時の気持ちでいるのはいいことですが、スキンケアは年齢に合ったものに変えていくことがお肌にとってとても重要なことです。

ずっと同じ化粧水を使い続ける人はたくさんいます。

化粧品をかえることで起こるかもしれない肌トラブルを考えるとなかなか変えることはできません。

ですが、年齢とともにお肌は刻々と変わっていくのです。


ハリが無くなり、たるみも少しずつ出てきます。

今までなかったしわやシミも目に見えて増えてくるかもしれません。

ですが、年齢に合ったスキンケアをすることで、肌の衰えを防ぐことは出来ます。

目に見えて変化はないかもしれませんが、毎日の積み重ねで美肌を手に入れましょう。


まず、スキンケアで大事なことは自分に合った化粧水を選ぶ事です。

基礎化粧品と言われるものですから、一番の土台となるものです。

今、どのようなスキンケアをしたいかによって選ぶ事も大切です。


しわやシミ対策には美白の物を、年齢にはエイジングケアをというように機能に応じたものがたくさん販売されています。

お肌の水分量が減り始める30代にとっては化粧水選びが今後のお肌を左右するといってもいいくらい重要なアイテムです。

化粧水をかえることで肌トラブルが心配な人は使用前にパッチテストを行う事がお勧めです。

もしこれで、赤みが出たり、発疹が出た場合はスキンケアに使用するのは止めておきましょう。


化粧水は、専門店で購入するような高額の物から、ドラックストアなどで手に入れることが出来る手ごろな価格のものまであります。

金額によって効果も違うかもしれませんが、高い物だからとちびちびと使うようでは効果も半減してしまいます。

将来の自分のお肌への投資だと思って、使うスキンケアを選ぶ事をお勧めします。

ハリには、コラーゲンとエラスチンの両方が配合されている化粧水を…!

30代のシワは、それほど深く刻み込まれたものではありません。

大半が笑った時にできる目尻や口元のシワ、眉を動かした時にできるおでこのシワなどです。

通常は表情を元に戻せば消えてしまうものですが、肌老化が進んでくるといつしかそれが戻らなくなり、シワとして定着していきます。

こうした表情シワの対策に効果的なのは、コラーゲンやエラスチンなどの真皮層で肌細胞を支えている成分です。

この2つの成分は体内で作られるものですが、時間が経つにつれて減ってくるため、30代ではシワなどの悩みが増えてきます。

30代の女性の顔5

コラーゲンは真皮層で網目のようにはり巡らされていて肌を支えています。

エラスチンはコラーゲンの網をつなぎとめる働きがあり、これらが弾力のある若々しい肌を作っています。

どちらが欠けてもハリが失われてしまうので、化粧水の選び方としてはコラーゲンとエラスチンの両方が配合されている物を使いましょう。

シミやくすみといった悩みを解消するものには、ビタミンCやアルブチンなどがあります。

アルブチンは肌への負担も少なくメラニンの抑制に効果的です。


しわの一番の原因は乾燥…保湿系の化粧水に変えて、しわが出てくるのを極力抑える!

しわは、一度出てしまうようになると取るのが大変で、少しあるだけで年齢を感じさせる肌にしてしまうので、可能な限り避けたい年齢肌サインです。

しわの一番の原因は乾燥ですので、30代ですべきことは、乾燥しないように保湿系の化粧水に変えて、しわが出てくるのを極力抑えることが重要なのです。

オイリー肌や混合肌の方も、特に乾燥する冬場は保湿系の化粧水に変えると良いです。

今までは、1年中同じ化粧水でも問題なかったかもしれませんが、30代のお肌は以前より敏感で、環境や季節の変化が肌に出やすくなってしまいますので、季節・天候などによって化粧水を使い分ける必要があります。

特別に高い化粧水を使う必要はなく、しっかり保湿してくれるもので、たっぷりと惜しみなく肌に栄養を与えることが重要です。

また、年齢のサインが出やすいのは顔だけでなく、首は手なども影響を受けるので、このような部分にもしっかりと化粧水を与えてあげることが必要です。

首年齢は、肌年齢より的確に年齢を表すものなので、男性の多くは、女性の手や首を見て年齢を判断すると言われています。


乾燥に悩む30代は保湿化粧水でうるおいをアップ…!

30代になったら、肌がかさつきやすくなったという方は、今使っている化粧水を見直すようにしてください。

肌の内側でうるおいを与える役割のあるセラミドなどの保湿成分は、年齢が高くなるにつれ、徐々に生成量が減っていくことがわかっています。

表皮がかさつくだけでなく、肌内部の水分も足りなくなってしまうので、ニキビなどの吹き出物もできやすくなります。

20代の頃とは違う肌になっているので、保湿効果の高い成分を配合した化粧水に切り替えるようにしましょう。


30代の女性の顔6

30代になったら、20代の頃に使っていた化粧水よりも、保湿効果の高いものに切り替えなければなりません。

アンチエイジング用の化粧水は優れた成分をたっぷり配合しているので、長時間肌のみずみずしさを保てます。

肌のうるおいアップに欠かせない成分のひとつはセラミドなので、これを配合した化粧水を使うようにしてください。

角質細胞間脂質を構成する成分なので、肌の水分保持力が高められるだけでなく、外からの異物の侵入を防いで、肌荒れを予防できます。


セラミドは高い保湿効果があるので、多くの化粧水に配合されていますが、原料自体が高価なので、配合量が少ないものや、本物ではない類似成分を配合しているものが少なくありません。

本物かどうかの目安は、セラミド1などのように 後ろに数字がついているものです。

セラミドには種類がありますが、保湿力で選ぶなら、セラミド1、セラミド2、セラミド3を配合しているものを選びましょう。

30代の乾燥しやすい肌の奥まで浸透し、内側からうるおいを与えることが出来ます。


30代の女性の顔7

ヒアルロン酸も保湿効果が高い成分ですが、真皮までは吸収されないので、角質層での保湿成分になります。

粘着性があり、質量にして 約200~600倍 の水分を蓄える力があります。

セラミドに比べると肌に浸透しにくいものの、安いので、手軽に肌にうるおいを与えたいときに向いています。

ヒアルロン酸Naを配合している化粧水が多いですが、スーパーヒアルロン酸と呼ばれるアセチルヒアルロン酸Naなら、2倍の保水力があるのでおすすめです。


コラーゲンもヒアルロン酸と同じく、真皮までは吸収されず、角質層での保湿にとどまりますが、肌に塗るだけで手軽にうるおいを与えられます。

真皮のコラーゲン量を増やしたいときは、ビタミンC誘導体やレチノールを配合した化粧品を使うようにしましょう。

肌内部のコラーゲンの生成量を増やす効果を期待できるので、たるみやしわが気になる方は試してみてください。

30代に最適な化粧水を選ぶポイント

30代といえば、仕事や家事が忙しい年齢で、それとともにエイジングサインなども出てくる年頃でもあります。

それゆえに20代までのようなスキンケアを実施していると、シミやシワ、乾燥やたるみといった肌トラブルに見舞われてしまうこともよくあります。

よってそういったトラブルを避けてエイジングケアを実施するためにも、スキンケアアイテムは年齢や悩みに合ったものをチョイスする必要があります。


そこで30代にぴったりなスキンケアアイテムを選ぶポイントとしては、まずは基本中の基本として、やはり潤いを保つための肌への水分補給が重要です。

なので一番こだわりたいスキンケアアイテムとしては化粧水であり、他のスキンケアアイテムよりも化粧水は特にこだわって選ぶようにしましょう。

そんな30代に適した化粧水ですが、化粧水といってもその種類は実にバリエーションが豊富なので、たくさんの化粧水の中から自分に適したものを選ぶポイントとして、化粧水に含まれている成分を確認し、悩んでいる肌トラブルに有効的な成分を含んでいるものを選びましょう。

中でもやはり潤い成分は重要で、肌の乾燥対策としてはもちろんハリやたるみ、シワなどにも効果的なので、たっぷりと保湿成分が含まているものはお勧めです。

おもな保湿成分としては、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやエラスチン、スクワランなどで、これらが含まれている化粧水をたっぷり使用するようにしましょう。

さらに時々スペシャルケアとして、こういった成分を含む化粧水をしみこませたパックも実施すれば、より高い効果を期待することができます。


また保湿だけでなく、他の肌悩みに良い成分としては、シミやくすみならばトラネキサム酸やビタミンc誘導体などの美白成分がお勧めで、くすみは肌のターンオーバーを重視することも大切なので、時々ピーリングなどのスペシャルケアを取り入れるのも良いでしょう。

あとは化粧水を使用したならばすぐに水分が逃げないよう、肌に蓋をするといった意味でクリームなどのアイテムを使用することも重要ですし、毎日のスキンケア以外にも、肌に悪影響を与えるとして注意したいポイントがいくつか存在しています。

それはストレスや疲労、偏った食生活や運動不足、睡眠不足などの生活習慣で、他にもすべての肌トラブルの原因となる紫外線も怖い存在です。

よってこういった悪い生活習慣の見直しや改善、紫外線対策とストレス発散を実行し、さらにフェイスエクササイズなどを正しいスキンケアと同時に実行すれば、より高い効果が見込めてアンチエイジングにも最適です。

30代が化粧水を選ぶときの注意点…

基礎化粧品の定番といえる化粧水を選ぶとき、皆さんは何を基準にしているでしょうか。

いつも使っているブランド、お店の人にすすめられた、口コミを参考にする人もいるはずです。

使い慣れていれば肌荒れの可能性が低く、肌の調子を知っている店員さんは信頼できます。

実際に使った人の口コミは、同年代の意見を知ることができるため便利です。

その一方で、いつも使っているブランドの化粧水が合わないことも。

化粧水は肌の悩みごとに用意されていることが多いため、ブランドや口コミだけで選んで失敗しないようにすることが注意点です。


30代はホルモンバランスの乱れが原因で、吹出物が出たり心身の不調で肌が荒れることが多い年代です。

美しい肌を保つ目的で美白化粧水を使っても、効果は期待できません。

ニキビが出てきたと勘違いして、すっきりとした使い心地の化粧水を選んでしまうと、肌が乾燥してシワが目立ってしまう危険性があります。


ご自身の肌質をしっかり知ることが基本で、悩みに合った化粧水を選ぶことが最善の方法です。

注意点はすっきりとした使い心地の化粧水は、乾燥が進行することです。

乾燥が原因でテカリが目立ったり、ほうれい線がくっきりと出たりすることもあるでしょう。

美しい肌に欠かせない「保湿」をベースに、美白や吹出物といった悩み対策をすることが大切です。

どんなにきれいな肌にも、いろいろな負担がかかっています。

食生活や紫外線は肌トラブルを引き起こすため、普段からエイジングケアをして下さい。


30代は男女ともに食生活に注意し、太らない体を作ろうとする人が多い年代です。

体への栄養を考えるように、肌に必要とされる栄養にも注意しましょう。

エイジングケアに効果が期待できる成分をチェックしておくと、化粧水を選ぶときに悩むことが減ります。

できるだけ天然素材であること、ご自身の肌に合っていることをふまえて、肌の強い味方を探します。

使うときは少量ではなく、潤いを与えるものですから、顔を洗うように存分に使って下さい。

肌に浸透するように叩き込むと、肌への負担が大きくなってしまうだけで逆効果です。

そっと包み込むようにして、肌に浸透させたいときはシートマスクを使ったほうが良いです。


化粧水は乳液とセットで使うものですが、効果を引き出すためにもクリーム等で仕上げます。

高ければ良いと考えず、ご自身に合っているものを選ぶと効果も期待できるはずです。

40~50代でも美しくいるために、日頃の手入れを怠らないようにして下さい。

日常的に使用する化粧水は肌の悩みに合わせた物を選ぶ…!

何度も言いますが、大事なことは、早めに適切なスキンケアを始めることです。

貴方がもんもんと悩んでいる間にも、確実に、肌のダメージはすすんでいるのです。

30代の今の自分の肌の状況にあった適切なスキンケア商品を選んで…やがてくる40代の年齢肌に備えて、しっかりとケアを続ければ、年齢を感じさせない若々しい肌を維持できるようになります。

そのために、ここでは、30代の方のためのオススメの人気化粧水をランキングで紹介します。

すでに使用されたいる方のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などから、いろいろ調べた結果をランキングしてみました。

30代のための化粧水  おすすめ  人気ランキング
  • 【decencia】アヤナス  トライアルセット…アヤナス・ローション・コンセントレート

    【decencia】アヤナストライアルセット画像

    ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌ケアをしながら、ほうれい線・シワ・たるみのない肌を実感させる化粧品セットです。

    ポーラ研究所のエイジングケア研究の集大成である「アヤナス」の特許技術ヴァイタサイクルヴェールR』により、外部刺激をブロックし、徹底保湿することで、肌のバリア機能をUP

    そして、コラーゲン産生量を170%アップするオリジナル成分配合により、ハリ・弾力をアップさせ、さらに、新知見の「ストレスによる肌荒れ」に徹底対応し、ダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスなうるうるハリ肌へ導きます。

    すでに体験された方の声も、「敏感肌でも安心のエイジングケア…!(敏感肌)」「ピンっとしたハリを実感できる美容液がお気に入り!(敏感肌)」…などと好評で、数々のベストコスメを受賞し、メデイアでも数多く取り上げられています。

    この度(2016年秋)、リニューアルによりパワーアップして新アヤナスとして誕生…。セット内容は、アヤナス・ローション・コンセントレート、アヤナス・エッセンス・コンセントレート、アヤナス・クリーム・コンセントレートの3アイテムで、より深く肌へと働きかけ、輝きをもたらします。

    今なら、じっくり試せる10日間トライアルセット初回限定の特別価格!プレセント付き(アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)、さらに、30日以内全額返金保障、送料無料、手数料無料で提供されています。


  • アスタリフト(ASTALIFT)  ベーシックトライアルキット  (FUJIFILM)……モイスト・ローション

    アスタリフトASTALIFT社画像

    フジフイルム「成分×独自技術」のアプローチで実現した化粧品セットです。

    アスタキサンチンと、みずみずしいトマトの力、ナノリコピンWの赤いチカラで、感動のハリ実感へと導きます。

    トライアルキットの内容は、<新感覚のジェリー状“先行”美容液>、<化粧水>、<美容液>、<クリーム>の4アイテム。

    特に、アスタリフト ローション<化粧水> 20mL は、独自のナノ技術で驚きの浸透力!ダブルの赤のパワーでうるおいに満ちたやわらかな肌へと誘います。

    カメラのフィルム作りに必要な技術と、スキンケアの商品作りに必要な技術には、意外な共通点がいっぱいあり、長年のフィルム作りで培ってきた富士フイルムだから生み出せた独自技術が『アスタリフト』高品質の秘密となっています。

    松田聖子のCMで一躍、話題になり、すでに多くの方が体験し、モニター向け使用感アンケートでは、「うるおいを感じた…91%」「ハリ・うるおいを感じた…87%」「継続して使いたい…92%」と好評です。

    今なら、基本4品を5日間しっかり試せるこのベーシックトライアルキットが、通販限定特別価格送料無用で提供されています。



  • エトヴォス・モイスチャーライントライアルキット…モイスチャーライジング・ローション

    エトヴォス(ETVOS)   モイスチャーライジング・ローションの画像

    乾燥肌・敏感肌に悩む人向け皮膚科学の医学博士が監修したモイスチャーラインお試しセットです。

    肌の保湿のために欠かせないのが「ヒト型セラミド」。

    肌の細胞の隙間でスポンジのようにうるおいを抱え込むセラミドが不足すると、隙間からうるおいが逃げて乾燥肌になったり、外側からの刺激に揺らぎやすい肌になってしまいます。

    しかも、セラミドは年とともに減少して簡単に減ってしまい、スキンケアで補うのが理想的です。

    モイスチャーラインお試しセットは、全商品にセラミドを配合し、肌の内側からうるおい満ちるみずみずしい素肌へと導きます。

    とくに、化粧水のモイスチャーライジング・ローションは、タイトジャンクション(細胞間結合)の形成を促す注目成分「POs-Ca」を配合、お肌のバリア機能を整え、ごわごわ砂漠肌さえしっとりとうるおう肌を実感させます。

    すでに使用された方々も、「すぐに効果を実感できました!」「やっぱりヒト型セラミドすごい!」「超乾燥肌のわたしにはとっても良いです!」などの声が寄せられ、お客様満足度も97.4%(※2017年ETVOS調べ)、有名女性雑誌にも多数掲載されています。

    セット内容は、クリアソープバー(洗顔石けん)10g/モイスチャライジングローション(化粧水)30ml/モイスチャライジングセラム(保湿美容液)10ml/モイスチャライジングクリーム(保湿クリーム)5g の4アイテム

    今なら、2週間お試しセットお得な特別価格(さらにWEB限定500円OFF!)・送料無料で提供されています。



  •   米肌【まいはだ】  (コーセー)……肌潤化粧水

    コーセーの米肌の画像

    ライスパワーによるセラミド配合の肌潤化粧水を含む化粧品お試しセットです。

    お米を長時間発酵熟成したライスパワーNo.11は、水分保持能のカギ「セラミド」を作り出し、自らうるおう肌へと改善します。

    そして、肌のうるおい不足による開き毛穴、でこぼこ毛穴などの毛穴の悩みをなくします。

    すでに米肌を使用された体験者の声も、「毛穴だけじゃない、うれしい肌効果も♪(S.Tさん 30才)」「ファンデが薄つきに!(K.Kさん 33才)」と好評で、満足度90.6%(コーセー調査)、アラサー(30代)による支持が多いのも特徴です。

    また、タレント・モデルさんも注目し、女性雑誌にも多数掲載されるなど、メディアでも取り上げられています。

    今だけの、通販限定、14日間トライアル6点セットが特別価格で送料無料、肌潤化粧水マスク(非売品)のプレゼント付きで提供されています。



  •   アルケミー・トライアルセット    (レクシア)……ハイドロ・リフレックス・ローション

    ハイドロリフレックスローション(アルケミー・トライアルセット)の画像

    肌の疲れや乾燥で揺らぎを感じ始めた30代の女性の肌変化に特化したスキンケアブランドです。

    独自に開発した酵母発酵エキスにより、うるおい・弾む肌の実現をめざします。

    酵母発酵エキスVEGAL(R)は、 これまでにない画期的な成分で、保湿成分となる糖質、整肌作用を持つミネラル、ハリ・弾力をつくるタンパク質やペプチド、収れん作用を持つコハク酸などの有機酸、そして、ポリフェノールが酵母を通して融合ています。

    これらの成分は、浸透性を追及することで、肌にスムーズかつシームレスに働きかける多彩な有効成分で、優れた保湿性、弾力性、浸透性(角質層まで)、そして収れん作用が特徴となっています。

    ユーザーの声も「乾燥激しいオフィスでもずっとうるおった肌に…!(30代)「ツルッと整ったキメに感動…!(30代)」など好評です。

    ただ今、トライアルセット( ◆ メイク落とし ◆洗顔料 ◆化粧水 ◆美容液 ◆クリームの5点でたっぷり1週間分 )が、お得な特別価格で送料無料で提供されています。



  •   ライスフォース    (薬用保湿化粧水))……ディープ・モイスチャー・ローション

    ライスフォース化粧品の画像

    基礎素材にコラーゲン・ヒアルロン酸を超えたお米の力を使った化粧品です。

    白米から抽出したライスパワーエキスを高配合し、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが届かない皮膚の深層部まで浸透します。

    お米の水分保持能の改善が認められ、保湿力のある、自ら潤う肌を作る、エステ級コスメとして、手間ひまかけられない多くの方々の支持を得ています。

    ハワイの一流ホテルでデビューし、これまでの販売累計が1200万本を突破!芸能界1600人以上が絶賛するモデル・ヘアメイクの必須となっています。

    「うるおい満足度…97%」「キメが整った…99%」「ハリ・弾力…91%」「毛穴の開きが目立たなくなった…89%」など、愛用者の高い満足度が自慢の逸品です。

    今なら、気軽に試せる化粧水・美容液・クリームの3点セット、紫外線対策+美白ケアも試せるお得な5点セットが、WEB限定の80%OFFの特別価格・送料無料・全額返金保証付きで提供されています。




  •   HANAオーガニック(HANA ORGANIC)……フローラルドロップ化粧水

    HANAオーガニックの画像

    肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品のお試しセットです。

    植物の力を借りて、肌本来の美しくなるチカラを取り戻す…このコンセプトに基づき、ハーブの王様と呼ばれる最高峰ブルガリア産のオーガニックローズから抽出したローズオイルを濃縮配合。

    さらに、エイジングの悩みをケアする美容成分として、100%天然の6種類のオーガニック花精油、9種の和漢植物などが配合されています。

    5アイテムのセット(洗顔料・化粧水・美容液・乳液・日焼け止め)のなかでも、化粧水のフローラルドロップは、水を一滴も含まないバラの花びら3000枚分のエッセンスが配合。

    天然100%のオーガニックコスメが、昔の肌とぜんぜん違う、貴方史上で最高の肌へと導きます。

    すでに体験された方の声も、「使いだしてから、肌が明るく自分で潤うように…。ほんとうに驚きました。」「肌がツヤツヤして、ずいぶん白くなりました。」とみなさん好評で、このためコスメ業界でも話題となり、多くの女性誌、美容雑誌にも取り上げられています。

    また、国産オーガニックコスメ・通販部門・売上第1位を達成した商品でもあります。

    今なら、WEB限定の「体験7日間のトライアルセット」が、56%OFFの初回特別価格・送料無料で提供されています。



  •   シズカニューヨーク……ホワイトニング・エッセンス・ローション

    シズカニューヨーク日本人女性のための年齢肌化粧品の画像

    ニューヨークの有名エステサロン『シズカニューヨーク』から生まれた日本人女性のための年齢肌化粧品です。

    シミやシワ・ハリ・たるみなどに肌の悩みがある大人の女性を対象に、ニューヨークの一流エステサロンの技術のもと辿りついたWタイムレスケア理論により、どちらかではなく、どっちも気になる方へ、シミ・シワの無い日本人本来の美肌を実感させます。

    つまり、シミだけ、シワだけをケアしても、どちらか一方があれば、光反射率が高まらず、一方が目立ってしまいます。

    このため、シミとシワを同時にケアする必要があります。

    しかし、今までのスキンケアでは、何アイテムも必要でしたが、シズカニューヨークでしたら、薬用美白化粧水保湿美容乳液の、たった2本でケアが完了。

    アイテムは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ薬用美白化粧水「ホワイトニングエッセンスローション」と、熟成プラセンタ、熟成コラーゲン高配合の保湿美容乳液「リフティングクリーミーセラム」の2アイテムです。

    すでに愛用の方の声を聞くと、「まさか、こんなに変わるなんて…!」「あきらめていた肌のハリが…!」「エステに行くよりいい感じ…!」などなどと好評です。

    また、数々のメディアから絶賛され、日本人の女性美を追求したNYエステの化粧品として、多くの賞を受賞した話題の化粧品です。

    今なら、初回限定の定期・お試し便50%OFF!、送料無料、60日間返金保証などの特典付きで提供されています。



  •   イキテル  ローション  (ヤクルト)

    ヤクルト「イキテル」ローションの画像

    Yakultが提供する、混合肌むけの化粧水です。

    テカリ小鼻、ギトギトおでこ…カサつくほほ、ザラザラあご…混合肌の原因のうるおい不足を、乳酸菌研究を続けてきたヤクルトの技術を応用したスキンケア商品です。

    ヤクルトがビンで売られていた時代に、回収したビンを洗っていた手がすべすべになるのに気がついて、肌になじみやすく保湿性の高い乳酸菌の美肌成分の発見につながったエピソードが有ります。

    今だけの、たっぷり1.5ヶ月分の「イキテル」ローションがWEB限定の半額特別価格・送料無料のキャンペーン中です。



  •   d プログラム トライアルセット    (資生堂)……バランスケア・ローション

    d プログラム トライアルセット資生堂の画像

    資生堂の「ときどき敏感肌」を予防する化粧水・乳液のセットです。

    肌の悩み、肌の状態によって4タイプが選べるdプログラムの提供です。

    特に化粧水は、敏感な肌もうるおいでやさしく包み、美肌バリアを整え、いつみられてもいい素肌へと導きます。

    4タイプの内容は、1.アンバランスな肌に…バランスケア・セット2.乾燥しがちな肌に…モイストケア・セット3.年齢を感じ始めた肌に…バイタルアクト・セット4.ニキビができやすい肌に…アクネケア・セット

    いずれも、新しくなったdプログラムの魅力を体感できる1週間トライアルセットです。

    資生堂オンラインショップ「わたしぷらす」の利用となりますので、WEB限定の特典…ラブリー巾着のプレゼントと500円相当のクーポン券が付き、美容のプロにチャットで相談ができます。さらに、送料無料のサービスとなります。





  • ランキング TOP↑


30代と化粧水の話…あれこれ

30代から初めても遅くない化粧水…

30代の女性の顔8

30代になると体に違和感を感じ始めると聞いたことがあります。

いわゆる老化といいますが、体の具合が下り坂に差し掛かると言われることが多いです。

しかし、肌に関してはケアの方法次第では若い肌を保ち続けることができます。


それは普段からの食生活や適度な運動あったり、睡眠時間や部屋の湿度管理など細かい事が必要になってきますが、簡単にできるケア方法としては化粧水がお勧めです。

化粧水は比較的美容ケア用品の中では安く購入することができます。

その割に持ちが良いのでコストパフォーマンスは非常に高いと思います。


1枚数百円もするような高価な保湿パックなんかも売っていますが、結局はパックの中に化粧水がしみ込んでいるモノですので、家でコットンに化粧水をしみ込ませてそれを気になる場所に貼り付けておくだけでその高価な保湿パックとほぼ同様の効果を得ることができると思います。


30代になって化粧水を始めるのは非常に良い事だと思います。

そしてそれは30代でのケアだけではなく、その先の40代50代に向けての準備になりますので、非常に大切な事でもあります。

今この記事を読んだのも何かの縁かと思いますので、まだの人は是非初めてみて下さい。

化粧水を始めた30代の友人

私の友人で、知人から化粧水を勧められて始めたという人がいます。

その人はもともと美容に関してはあまり関心がなく、若い頃から特に化粧などはせず、外出するにも日焼け止めなども塗らずに出かけるほど美容に無頓着でした。

そんな友人が化粧水を始めたと言っていたのでビックリしましたが、その知人が言うには「今この時期にケアをしておかないと数年後の自分の肌に影響が出てくる」と言っていたというのです。


30代の女性の顔15

その言葉に友人は衝撃を受けたらしいのですが、それが偶然肌の調子が悪いなと感じ始めていた時だったらしいので非常にタイムリーな内容だったらしいのです。

そしてその知人の方にお勧めの化粧水を紹介してもらい、それ以来怠ることなく使用しているとの事です。

そのせいもあってか、美容に興味のなかったその友人は、最近美容に非常に敏感になり始め、「今ケアをしておかないと30代になった時に後悔するよ」と私にも化粧水をおススメしてきたのです。


私は元々使用していたので、お勧めしてきた商品に関しては購入しませんでしたが、このどっぷり漬かっている所を見ると、その知人に洗脳されたのではないかと心配になるほどでした。

でも友人の肌を見ると効果があるのが見て取れるので、化粧水は効果があるのだなと改めて分かりました。

30代のスキンケアのポイント…シワ、たるみ、毛穴

30代から毎日のベーシックなスキンケアをしっかり行うと、年齢を重ねても美しい肌を維持することが出来ます。

毎日のベーシックケアから丁寧に行い、潤いや栄養をしっかり与えて肌トラブルのない状態を作ることが大切です。


メイクをしたときには肌にメイクを残さないように、時間を掛けてクレンジングをします。

クレンジング剤を手に取ったら体温で温めて、顔全体に広げていきます。

毛穴に汚れが戻らないように、上から下に向かって落としていきます。

洗顔は沢山の泡を使って優しく洗うようにして、メイクの残りやクレンジング剤の洗い残し、皮脂や汚れを落とします。

ゴシゴシ力を入れて洗うのではなく、指の腹を使って滑るように洗います。

シワの原因にならないように、優しくマッサージするように洗います。


すぐに化粧水で潤いを与えて、肌に必要な水分を補給します。

洗顔してからすぐに化粧水を使うことで、潤いを吸収する道筋を途絶えることなくスキンケアが出来ます。

美容液は肌に栄養を与えるもので、肌の悩みに合わせて選ぶようにします。

美容液を使って肌に栄養を与えたら、乳液で油分を与えます。油分と水分のバランスが整うので、肌のトラブルを防ぐことが出来ます。

たるみが気になるときには乳液を塗るときにマッサージをして、顔を上げるようにします。

シワが気になる目元はしっかり保湿して、乾燥を防ぐようにします。


シワやたるみ、毛穴など様々な悩みが少しずつ出てくる30代ではスキンケアの一つに日焼け対策を加えて、一年中肌を紫外線から守ることがポイントです。

若い年代では日焼けをしてもすぐに肌が回復していましたが、30代になると若い頃には分からなかったシミやたるみ、毛穴が目立ってきます。

これは若い頃に沢山紫外線を浴びたことで、ダメージを受けたものが30代になって現れたものというケースが多いです。


肌トラブルに気付いたときはもちろんのことですが、ハッキリとした肌トラブルが現れる前にもケアをしておくことが大切です。

メイクの前には日焼け止めを塗るようにして、肌を紫外線から守ります。

また日差しが強い日には日傘を差したり、帽子を被ったりして紫外線をカットします。

万が一日焼けをしてしまったときには化粧水などを使ってすぐに冷やして、肌の炎症を抑えるようにします。

30代で沢山の紫外線を浴びてしまうとさらに歳を重ねたときにシミやたるみ、毛穴が目立つ原因にもなるので、早めに対策を行います。

30代のスキンケアのポイント…くすみ、シミ

30代の肌のくすみやシミなどは、潤い不足によって起こります。

スキンケアの成分の浸透を促進するためにはたっぷりの潤いが必要で、乾燥している肌は美容成分が悪くなってしまい化粧品の本来の力を発揮させることが出来なくなります。

高価な化粧品を使うより、たっぷりの化粧水でしっかり潤いを与えることが大切です。

また30代のある程度若いうちにケアをしておくと数十年後の投資になり、40代や50代になっても美しい肌を保つことが出来ます。


まずは丁寧なクレンジングをして、肌をリセットさせるようにします。

30代のスキンケアではクレンジングを必ず行い、メイクや汚れを落とすことはもちろんのこと、肌をリセットして次に使う化粧品の効果を上げていきます。

クレンジングはメイクが濃い目元から落とすようにして、くすみやシミの原因になるメイクをしっかり落とします。

コットンにポイントリムーバーをたっぷり含ませて、目を閉じたまぶたに優しく被せます。

アイラインやアイシャドーを溶かすように、軽い力で拭き取ります。

二つに折り曲げたコットンの角を使って、まつげの隙間に残ったアイラインを落とします。

小さな落とし残しがあるとそれもくすみやシミの原因になるので、しっかり拭き取ります。

落としにくいマスカラはコットンを目の下において、綿棒で落としながらクレンジングをします。

顔全体のクレンジングではたっぷりのクレンジング剤を使い、手のひらで温めてから顔に広げます。

手のひら全体を使うように、上から下に向かって動かします。

全体にクレンジング剤を馴染ませたら、ティッシュで汚れを吸い取らせます。

洗顔は顔を傷めないようにたっぷりの泡を使って、優しく洗います。

皮脂が多い部分とくすみやシミが気になる部分は、清潔な泡を使って洗うようにします。


洗顔後は間髪入れずに化粧水を浸透させて、一瞬たりとも肌を乾かさないようにします。

洗顔後はまずスプレーの化粧水で肌に潤いを与えて、続けてコットンで優しくパッティングします。

指でコットンを挟んで。軽い力で浸透させます。

肌トラブルが気になるときには美容液を使って、30代に必要な栄養を肌に補給します。

肌を明るくする美容液を選んで、顔全体に広げます。


30代になって気になる部分があったらそのままにはせず、些細なトラブルにも対処するようにします。

何気なくスキンケアをしていると気付かないことがあるので、鏡を見ながら肌のお手入れを行うことが大切です。

30代の敏感肌でも安心して使える化粧水

30代はまだまだ若い年齢ですが、肌の老化は少しずつ始まっていますので、若さを維持するためにも油断せずにお手入れはきちんと行っておきたいところです。

お手入れを怠っているとシミや小じわなどのトラブルも起きやすくなりますのでお手入れは丁寧に行いたいところです。

特に乾燥は肌の老化の原因となりますので、しっかりと肌を潤すことが大事です。

保湿に役立つ化粧品としては特に化粧水がよく選ばれています。

20代ではまだ皮脂の分泌が盛んですので、さっぱりタイプを選ぶ人は多いですが、30代になると肌は少しずつ変化してきますので、より保湿効果の高いもの、エイジングケア効果のある成分を含んだものに変えてみるのも良いでしょう。

そして、化粧水は実に多くの種類がありますが、肌質や年齢に合うものを選ぶことが大事です。


普通肌の人は化粧水も比較的選びやすいですが、敏感肌となると使える商品はかなり限られてきます。

国内で販売されている化粧水は安全性に優れたものが多いですが、敏感肌の人は一般的に安全とされる成分でも刺激となってしまうことがあるので注意が必要です。

購入する際は刺激となる成分が含まれていないかしっかりとチェックしておきましょう。

アルコールや界面活性剤、香料などは刺激になりやすい傾向にあります。

そしていきなり顔につけるのではなく、まずは目立たない部分でパッチテストをしておくとより安心です。


最近は無添加、オーガニックなどより安全性の高い化粧品、敏感肌用の化粧水も人気となっていますが、こうした商品もすべての人に合うとは限りません。

植物成分などが肌に合わない人もありますので、無添加やオーガニックという言葉だけに惹かれずに慎重に選んでいきたいところです。

サンプルやお試しセットが用意されている場合は、そうした商品から試してみることもおすすめです。


敏感肌の場合はできるだけ刺激のない化粧水を選びたいですが、ただ肌に優しいだけで保湿効果やエイジング効果があまり得られないものとなると効果的なお手入れはできません。

ただ肌に優しいだけではなく、スキンケア効果に優れた商品であるかは良く確かめておきましょう。

そして、敏感肌の人は乾燥が進みやすい傾向にありますので、水分を与えたあとはクリームや乳液で潤いを閉じ込めておくことが大事です。

この場合も肌に刺激のない安全性の高いものを選びましょう。

デリケートな肌の人はバリア機能が衰えている傾向にありますが、肌のバリア機能を高めるにはセラミドが役立ってくれます。

30代の美白対策は化粧水から…

30代は今まで蓄積されてきた紫外線ダメージの影響が徐々に肌に現れてくる年代でもあります。

そのため30代という年代にふさわしいスキンケアをしなければ、それはどんどんと悪化してしまい目に見えるような肌トラブルへと進んでいってしまいます。

特に影響が大きいのは肌のシミであり、これは目に見えるものでもあるため一旦できてしまうとメイクで隠したりと対策が必要になってしまいます。

またシミが厄介なのは、一度できてしまうと簡単には消せないことです。

そのためできるだけシミが肌に現れないようにするためには、30代からスキンケアで美白対策を行っていくのです。


スキンケアで美白対策を行っていく際は、美白効果の高い化粧水の使用がおすすめとなっています。

それは化粧水はスキンケアの最初の段階で使用するため、その成分が肌の奥深くまで浸透させる効果が高いからです。

また化粧水は水分を肌に浸透させる役割も持っているため、その効果との相乗効果も期待できるのです。

そのため30代の美白対策にはそれに見合ったふさわしい化粧水の選択が重要になってくるのです。


販売されている化粧水の多くには美白成分が含まれていることが多いのですが、それが肌に効果を発揮するかどうかには差があります。

肌の奥深くまで成分をしっかり届かせるには、浸透させる力と成分の分子の大きさが関係してきます。

もちろん分子が大きければ肌の表面にとどまることしかできず、奥深くに浸透する作用がありません。

そのためできるだけ成分の分子が小さく、肌の奥深くまで入っていけるような成分が配合されている化粧水が理想なのです。


また化粧水は肌がしっかりと潤いを感じるまで、十分に使用することも効果を高めるためには必要です。

そのためには一度にたくさん使うことができる化粧水を選ぶことも大切です。

あまりに成分の品質にばかり気を使ってしまって一回に少ししか使用できない高価なものを選んでしまっては、その効果を十分に得られなくなってしまいます。

それならば多少成分の配合が劣るものでも、一回にたっぷり使用できる商品を使用したほうが効果的な場合もあるのです。


そのため30代が化粧水で美白対策を行う際には、毎日使用しやすいものを選び、肌が潤いを感じるまでの量を継続して使っていくことが大切になります。

そうすることで今後紫外線の影響で肌トラブルに悩まされる事態を未然に防ぐことができるようになり、きれいな肌を維持できるようになるのです。

30代の肌荒れを解消する化粧水の使い方…

30代の女性の顔9

30代は仕事や子育てでめまぐるしく毎日が過ぎてしまいます。

ストレスや疲労で肌荒れしやすくなる上に、スキンケアにかける時間もありません。

30代のうちにきちんとスキンケアをしないと、40代、50代ともっと肌荒れが起きやすくなってしまいます。

肌荒れに効果的なアイテムといえば、サプリメントや高価な美容液をイメージします。しかし、サプリメントを毎日飲むのは大変ですし、高価な美容液を購入し続けるのも現実的ではありません。

そこで、オススメなのが化粧水を使ったスキンケア法です。

化粧水を使った肌荒れ解消法が3つあるのでご紹介します。


まずはつけ方です。

化粧水はそのままつけずに少し温めると肌に浸透しやすくなります。

500wで7秒ほど温めてください。

レンジから出したら、いつものようにスキンケアをしてください。

この時に手のひらでゆっくり成分を肌に吸い込ませるように浸透させてください。

その後オイルなどでしっかり水分を肌に閉じ込めましょう。

このスキンケアを行うことで、30代の荒れた肌の奥まで有効成分が浸透し、肌がしっとり潤います。


30代の女性の顔10

次は化粧水パックです。

パックといってもティッシュがあれば大丈夫なのですぐに実践できます。

ティッシュに化粧水を染み込ませて顔においてください。

長い時間パックをしていると、逆に肌が乾燥してしまうので5分くらいを目安にしましょう。

パック後保湿をすれば完了です。


最後は、化粧水の種類です。

普段使っているものが必ずしも肌に合っているとは限りません。

自分の肌質に合ったものを選びましょう。

また、高価なアイテムを使っていると、もったいないので少量しか使ってないという方もいらっしゃると思います。

30代になると高価なアイテムを使いたくなりますが、たっぷり入った大容量のアイテムを使うと、罪悪感なくたっぷり保水することができます。


30代の肌荒れは毎日のスキンケアで簡単に改善することができます。

もちろんスキンケアだけではなく、栄養のバランスがとれた食事や適度な運動、質の良い睡眠なども必要です。

肌が荒れているということは体の中が健康ではないという場合も考えられますので、肌荒れが気になる方は普段の生活を見直すことも大事です。

くり返し起きる肌荒れは非常にストレスですが、肌荒れが起きたことでストレスを感じるとエンドレスでストレスが起きてしまいます。

あまり神経質にならずに、自分の肌や体と向き合っていきましょう。

化粧水の効果のある使い方

30代の女性の顔16

化粧水を付けるために、ほとんどの方が「手のひら」もしくは「コットン」のいずれかを用いていることと思います。どっちにも良い面悪い面があり、これが最上!と確実に言えないのではありますが、効果のある使用方法をちょっと紹介します。


はじめに、手のひらを使用するケースだと、コットンよりは皮膚に対するストレスが少なく、手の温もりでひとりでに毛穴が開き拡がりやすいといった長所があるのです。

しかし、欠点といわれるのは、コットンと対比すると、ムラなくしっかりと染み込ませることが難しいといえるのです。


反対に、コットンを利用するケースでは、やんわりパッティングしたとしても手のひらと比較するとある程度皮膚へ刺激を与えてしまいますけれど、ムラなく完全に染み込ませるということが可能になります。

コットンには、惜しまずふんだんに化粧水を含ませるというやり方も重要になります。


いずれのケースも、洗顔のあと、可能な限りスパンを空けずに対処をすることと、「パッティング」と言ってもパチパチはたくという事はダメ。

そっと押し止めてしっかり行きわたらせるということがキーポイントになります。

30代の女性の顔19

そのようにして、なかんずくドライしがちな目のあたりや口もとは、惜しむことなく化粧水を取り入れたコットンをのせて5分程度放ったらかしておくというのも、効果が期待できます。


その化粧水や美容液も出来るだけ自分に合うものを見つけるためにいくつかの商品を試してみましょう。

試供品の小さいものでも大丈夫なので、一度気になるものは手に取ってみてください。

化粧水の効果的な付け方…(まとめ)

1.化粧水の効果的な付け方は手のひらに取った化粧水はすぐに顔につけずに、手の温度で温めてから顔につけるようにします。

2.1度に大量につけても効果は変わらないので、指定された分量で十分です。

3.指定量を少しずつ手に取りまんべんなく肌につけるようにして、目元などのデリケートな部分はやさしくつけていきます。

4.コットンを使う場合は少し多めに取り、顔の中央から外側に向けて拭き、そのあと力を入れずにパッティングします。

30代のエイジングケアは、毎日適切なお手入れをして、少しずつ悩みを解消していきましょう。



#

■化粧水の人気ランキング@30代…について…■

このサイトで掲載しているランキングは、サイト管理人の私が、独自の調査にもとづいて決めた私なりの結果ですので、そのあたりは、ご理解くださいますようお願い致します。


30代の女性の肌は、徐々にいろんなトラブルが見え隠れしてきます。このため、今まであまり気にかけなかったスキンケアが必要となってきます。

そこで、もっとも大切なことは、自分の肌の状態に合った効果的で適切なスキンケア商品をえらぶということです。

そして、手を抜くことなく、こまめにお肌のケアをしてあげるということです。

それが、その後の貴方の肌年齢を決めると行っても過言ではありません。


このサイトが、そのための貴方の一助となれれば幸いです。


ランキング


【関連サイト】

化粧水人気ランキング@20代へおすすめ…調べてみました!



    このページの先頭へ

    FX取引