化粧水を使って保湿ケアをする場合には、水分を補給するだけではなく、細胞内部に水分をキープすることができるように保湿成分を補給することが大切…

30代の女性のガイド

若々しい人が多い30代の女性でも、しわが気になり始めている人は大変多く、老けた印象になってしまうことが気になり始める年代です。

小じわや乾燥じわが増えてくると、鏡を見ているときよりも人と話しているときや笑っているときなどにできる表情じわが目立つようになってきます。

ケアをしないでいると、表情じわだと思っていたしわが定着してくっきりとしてくる場合もあるので、30代になったら化粧水をしっかりと選んで使い、ケアをすることをおすすめします。


しわには、小じわと真皮じわ、表情じわの3種類があります。

目じりや口元に細い線が入る小じわは、ちりめんじわと呼ばれることもあり肌の表面にある表皮という層にできてきます。

浅く細かいことが特徴でスキンケアで改善することができます。

老化によって皮膚の神秘という層が乱れ、弾力がなくなってしまう神秘じわは、加齢じわとも呼ばれ、一度深く刻まれてしまうと元に戻すことが難しいので、30代のうちからしっかりと対策を行い、予防することが大切です。

おでこや眉間、目じりなどにできる表情の変化によって生じる表情じわは、加齢によって深く刻まれていくため、早めに表情の習慣を見直したりケアをするようにしましょう。


しわの原因になると言われているのが肌の乾燥です。

肌は乾燥すると、角質の表面が薄くなったり、肌の生まれ変わりがスムーズにできなくなってしまったりするため、ハリがなくなりきめがあらくなっていきます。

肌の弾力が低下し、きめがあらくなるとしわになりやすく目立ってくるので、ケアとしては化粧水でたっぷりと水分を補給する乾燥対策をします。

特に皮膚の薄い目元や口元は、30代になると乾燥している人が多いのでたっぷりの化粧水で水分補給することがポイントです。

肌が乾燥している紫外線の影響でもハリや弾力を失いやすくなるので、日焼け止めをつけることだけでなく、化粧水の使い方がポイントになります。


化粧水を使って保湿ケアをする場合には、水分を補給するだけではなく、細胞内部に水分をキープすることができるように保湿成分を補給することが大切です。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど肌にやさしく刺激が少ない保湿成分を含む化粧水を選んで、コットンを使ってたっぷりと肌に水分と保湿成分の両方を与えましょう。

肌をこすってしまうと角質の表面がめくれて水分が蒸発しやすくなったり、あれたりする原因になるので、やさしくこすらないようにつけることがコツです。

化粧水で補給した水分を肌の中にキープすることができるように乳液やクリームを使ってふたをするように表面を薄い膜で覆うことも保湿のために重要です。




化粧水の人気ランキング@30代…調べてみました!

30代のための人気の化粧水をご紹介しています。使用者のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などから、いろいろ調べた結果をランキングしています。

詳しくは、コチラ↓

化粧水の人気ランキング30代


このページの先頭へ