乾燥によるくすみが目立つという場合は、保湿成分を多く含む化粧水を選ぶと良い…

30代の女性のガイド

若い頃は気にならなかったのに、30代から急に肌の「くすみ」が目立つようになってきたという人も多いのではないでしょうか。

30代という年代はスキンケアによって、肌の状態が大きく左右されます。

また、30代のスキンケアがその後の肌の若さを変えてしまうとも言われているので、しっかりケアすることが大切です。

肌のくすみが気になるという場合は、化粧水を見直してみましょう。


肌がくすんでしまう原因の1つは乾燥です。

肌が乾燥するとキメが乱れてしまいます。

キメが乱れている状態だと肌表面がデコボコとし、光の反射が乱れることで影が出来てしまうのです。

この影が顔全体を覆ってしまうため、ワントーン暗い、くすんだ肌になってしまうと考えられています。

10代・20代はさほどお手入れをしなくても肌は潤っていますが、30代ともなると加齢によって乾燥しがちです。

スキンケアで乾燥対策をする場合、水分や保湿成分を多く含む化粧水でのお手入れが欠かせません。


乾燥によるくすみが目立つという場合は、保湿成分を多く含む化粧水を選ぶと良いでしょう。

セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が、特に潤いをアップする効果に優れています。

特にセラミドは30代から乱れ始める、肌のラメラ構造を整える働きがあるのでおすすめです。

ラメラ構造とは肌の角質層が、水分と脂質が交互に重なり合っている状態のことを言います。

この水分と脂質の折り重なっている状態が良いと、肌が乾燥しにくくなるのです。

ですので、肌の乾燥が引き金となり、くすんでしまっている人にはセラミド配合の化粧水が向いています。


肌のくすみは乾燥だけでなく、紫外線のダメージによっても起こります。

実は肌がくすんでしまう最大の要因と言われているのは、紫外線によるダメージなのです。

肌が紫外線を浴びると、肌細胞を守るためにメラニン色素を作り出します。

健康な肌であれば作られたメラニン色素は、古い角質と一緒に剥がれ落ちるため肌がくすむことはありません。

しかし加齢によって機能が衰えてしまった30代の肌は、メラニン色素を排出するスピードが落ちるのです。

メラニン色素は黒っぽい色素ですので、それが溜まると肌のくすみとなって現れます。


紫外線で肌がくすんでしまった場合は、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸といった美白成分を多く含む、化粧水でスキンケアしてみましょう。

これらの成分はメラニン色素を薄くしたり、作らせないようにする働きがあります。


自分の肌の状態に合った適切な美容成分を配合した化粧水をチョイスすることで、肌がワントーン明るくすることが出来るかもしれません。




化粧水の人気ランキング@30代…調べてみました!

30代のための人気の化粧水をご紹介しています。使用者のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などから、いろいろ調べた結果をランキングしています。

詳しくは、コチラ↓

化粧水の人気ランキング30代


このページの先頭へ