補うのに最適なのはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど…

30代の女性のガイド

脂性肌というとオイル関係を避けたいと考えますが、30代に入ってから脂性になったと感じる時には化粧水選びを慎重にしなければなりません。

20代までは純粋に分泌される皮脂の量が多いことで脂ぎってしまいますが、30代になると乾燥しすぎてオイリーになることがあります。

単純な脂性肌だと勘違いしてお手入れをするといつまで経っても改善されませんので、乾燥が原因だということをきちんと突き止めて必要な成分を補うことが大切です。


補うのに最適なのはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどであり、その中でもヒアルロン酸とコラーゲンは脂っぽくならずに保湿を行えるタイプですので効果的なケアを行うことができます。

乾燥状態が良くなると自然と分泌される皮脂の量も落ち着いてきますので、化粧水選びを間違えないようにしたいところです。


ホルモンバランスや夜更かし、食生活の偏りなどによって皮脂量が多くなっている場合には、ビタミンC誘導体の化粧水がよく効きます。

ビタミンC誘導体には皮脂をコントロールする働きがあり、過剰な分泌を抑えることが可能です。

過剰分泌が起こっている肌は毛穴の詰まりや黒ずみも深刻な状態になっていることが多いのですが、ビタミンC誘導体の化粧水を使うと毛穴トラブルも解消されて、更に引き締まって目立たなくなります。


購入する時に一つ注意したいポイントがあり、油溶性を選んではいけません。

もっとも良いのは水溶性であり、両性の化粧水も相性は悪くありません。

配合されている量が多ければ多いほど効果は高まりますが、敏感になっている肌には刺激になる可能性もありますので、自分にはどの位の配合量が良いのかを試しながら最適なものを探していくようにしましょう。


ビタミンC誘導体で過剰な皮脂分泌は改善されますが、保湿作用はありませんので別の分も必要になります。

サッパリタイプの保湿成分でおすすめなのはプロテオグリカンや加水分解コラーゲン、アミノ酸誘導体であり、どれも優れた保湿作用を発揮しますのであわせて使うことが大切です。

これらの成分で保湿作用が足りないと思う場合には、ヒアルロン酸を取り入れるともう少ししっとり感を感じることができます。


このように肌の状態によって取り入れるべき成分は異なりますので、お手入れ方法を見直す際には脂性肌になっている要因をきちんと考えることが重要です。

適切な化粧水を取り入れれば、オイリーな部分もスムーズに改善できます。




化粧水の人気ランキング@30代…調べてみました!

30代のための人気の化粧水をご紹介しています。使用者のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などから、いろいろ調べた結果をランキングしています。

詳しくは、コチラ↓

化粧水の人気ランキング30代


このページの先頭へ